24時間介護をしている友人がいたら、ぜひ時々自分が代わりに介護することによって、その人をたまには息抜きさせてあげるとよいでしょう。

必要なのは相手の自尊心

必要なのは相手の自尊心
Google

息抜きをさせてあげること

どんな人にも息抜きは必要です。
介護をしている人も例外ではありません。
慢性病の人の24時間の介護から離れる時間を定期的に設けることには、介護をしている側にとってもされている側にとっても必要不可欠です。
休みを取って、病人の介護から離れることは、介護を継続していくうえでもとても大切なことです。
末期がんの家族の介護をしていたある人は、定期的に責任から解放され、しばらくの間誰かに介護を変わってもらう必要があったと述べています。
アルツハイマー病の夫を介護している人も、何よりも必要としていることの一つは、時々休養することだと語っています。
しかし、どうすれば様々な責任から逃れて休みを取ることができるでしょうか。
老齢の両親の介護をしていたある女性によると、家族の友人の一人が時々、一日中両親の介護の世話を買って出てくれ、息抜きをさせてくれたとのことです。
もしそうすることが実際的である場合は、病人をしばらくの間連れ出す役を買って出て、介護している人に息抜きをさせてあげることができるようになるかもしれません。
夫がアルツハイマーを患っている先ほどの女性は、誰かが時々主人を連れ出して、自分が一人になれるようにしてくれると、気分転換になると述べています。
あるいは、病人の自宅で病人と一緒に時を過ごすこともできます。
しかし、介護者が介護の場を離れてレクリエーションを楽しんだり、休息を取ったりするのはそんなに簡単なことではありません。
デイサービスで数時間病人の世話をしてもらうことによっても、同じように短い休息や息抜きのための時間を確保できます。

人気の介護に関わる話は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017必要なのは相手の自尊心.All rights reserved.