寝たきりの患者を介護しなければならない家族はどんな大きな精神的ストレスを味わうでしょうか。

必要なのは相手の自尊心

必要なのは相手の自尊心
Google

大きな精神的ストレスに対処する

寝たきりの人が受ける介護の質は、かなりの程度、介護する側にかかっています。
それにもかかわらず、介護する側の人の気持ちや必要はよく見過ごされがちです。
家族の介護の世話をしているために、背中の痛みや肩こりがかなりつらいかもしれません。
それだけでも苦しいことですが、介護する人の大多数が言うように、介護は非常に大きな精神的ストレスを与えます。
患者が徘徊したり、困ったふるまいをしたり、暴言を吐いたりするかもしれません。
それらによって介護する側は多大の心痛を感じるのです。
例えば、ある人は初めて会った人にアルツハイマーを患う高齢の母親を紹介してほしいと言われました。
でも母親はうつろな表情を浮かべ、返事をしませんでした。
その時のことを振り返って、その人は、とてもきまりが悪くて、涙が出そうだったと言います。
アルツハイマーや痴ほう症の家族を抱える人たちは、やりきれない思いを抱えながら、介護を続けているのです。
ある患者は認知症のせいで行儀やマナーにいくらか無神経になります。
例えば、他の人たちと外で食事をしているとき、レストランの中の別のテーブルに行ったり、ジャムの味を見て、使ったスプーンをそのままジャムの器に戻したりするかもしれません。
近所の人の庭の通路に唾を吐いたりするかもしれません。
患者の病気を知らない人は、その人をひどく無作法な人だと思うかもしれないと考えると、患者の家族はその考えが頭から離れず、身も心も委縮してしまうのです。

人気の介護に関わる話は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017必要なのは相手の自尊心.All rights reserved.