高齢者が高齢者を介護するという状況では特に、自分の健康の衰えという難しさに対処しなければなりません。他の人はどんな点で助けになれるか考えます。

必要なのは相手の自尊心

必要なのは相手の自尊心
Google

他の人はどうすれば助けになれるか

すでに高齢社会が進んでいる日本では、介護する側が高齢である場合も多くなってきています。
今までずっと寝たきりの家族を在宅介護してきても、自分の健康が衰え始めたために、仕方なく家族を介護施設に入れる決断をした人もいます。
そういった人はたいてい、責任感がとても強く、なんとかして家族を家においておくことができるなら、ぜひそうしたいと考えているのです。
ですから、そうした決断を下した人にとっては耐え難いほどの感情的痛手になるのです。
介護施設にあずけた後も、できるだけ頻繁に家族を訪ねるように努力していても、体力的にそれ以上のことができない自分を責めてしまうのです。
寝たきりの家族を介護する人の少なくとも2分の1は、介護を始めて1年以内に憂うつな気持ちになるようです。
高齢者が高齢者を介護する場合は特に、自分自身の体力の衰えと健康状態の悪化によって、状況に対処することがかなり難しくなる場合があるのです。
介護をする人が責任を果たすのを助けるには、そうした人たちが必要としていることをまず知らなければなりませんが、それはどんなことでしょうか。
どうしたらその必要にこたえることができるでしょうか。
まず、一つ目に介護者の話をよく聞くことによって助けになれるという点を考えましょう。
また、実際的な方法で援助できる点を次に考えます。
3番目に息抜きをさせてあげることができる点を考えます。
それぞれ一つずつじっくり一緒に考えていきましょう。

人気の介護に関わる話は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017必要なのは相手の自尊心.All rights reserved.