自分の気持ちを打ち明けられる誰かがいるだけでも、介護をする人の精神的なストレスはかなり軽減されます。

必要なのは相手の自尊心

必要なのは相手の自尊心
Google

話をよく聞いて精神的な支えになる

末期状態の病気の家族を介護していたある人によれば、自分の気持ちを誰かに打ち明けて心を軽くする必要を感じたとのことです。
介護に関して抱えているストレスや悩みを、思いやりのある友人に話すことができれば、そうした問題に立ち向かい、それに対処することがそれほど難しいことではなくなります。
ですから、介護をしている友人の助けになる一つの方法は、話をよく聞き、精神的な面で支えになることです。
今の状況から抜け出すことは不可能だと感じていても、自分の状況について話すと気分が晴れ、たまったストレスが和らぐことに気づくでしょう。
自分の夫の介護をしていたある人によれば、自分も夫も二人とも精神的な支えを必要としていることを理解してくれた友人たちを本当にありがたく思ったとのことです。
その人によれば、介護者には励ましと、時には泣きたいときにいつでも貸してくれる肩が必要なのです。
病気の家族の介護をしていたある人も、自分が抱えている不安や問題に耳を傾け、自分の気持ちを理解してくれる人が必要だったと述べています。
介護をする人は、思いやりを持って話を聞いてくれる人がいると、非常に大きな励ましと力を得ることができます。
多くの場合、そうした支えが得られるとわかっているだけで、かなり案できるようです。
では、介護者は、話を聞いてもらうことや精神的な支えのほかに、何を必要としているのでしょうか。
次の記事では、実際的な方法で援助することについて考えます。

人気の介護に関わる話は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017必要なのは相手の自尊心.All rights reserved.