精神的な支えだけでなく実際的な助けを介護している人に差し伸べるにはどんな点に目ざとくある必要がありますか。

必要なのは相手の自尊心

必要なのは相手の自尊心
Google

実際的な助けを差し伸べる

気遣いや関心がどんな方法であらわされたとしても、介護をしている家族も介護をされている側も益を受けます。
まずは、個人的に訪問したとき、電話をかけるとき、あるいは花やその他のプレゼントに添えた短いメモなどによって、そうした気遣いと関心を表すことができるでしょう。
父親が末期の病気で介護が必要だったある女性は、その時期に家族が受けた支えを思い出し、友人たちが少しの時間立ち寄ってくれたときには、慰められたと述べています。
さらに、ある友人は電話の番をしたり、家族全員の衣服の洗濯やアイロンがけを手伝ったりしてくれたとのことです。
実際的な方法で助けの手を差し伸べることは、介護をする人にとって大いに助けになるはずです。
「何かできることがあったら、教えてください」というだけでは助けになりません。
「買い物に行きますが、何か買ってきましょうか」とか「庭の手入れをしましょうか」とか「病気の方のそばで本を読んであげましょうか」など具体的に申し出ることが一番よいでしょう。
介護をする人は毎日疲れ切っているので、代わりに様々な雑用を行なうこともできます。
たとえば、ベッドを整えること、病人の代わりに手紙を書くこと、見舞客を接待すること、薬を取りに行くこと、病人の髪を洗ってセットすること、皿を洗うことなどの助けの手は本当に喜ばれます。
介護保険によるサービスで、行政側もデイサービスやショートステイなどによってこうした実際的な助けを提供しているので、それを利用することもできるでしょう。

人気の介護に関わる話は、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017必要なのは相手の自尊心.All rights reserved.